競走馬ファンドについて
  競走馬ファンドのしくみ
 
  会員の方は、愛馬会法人と「匿名組合契約」による出資契約を締結し、出資を行います。愛馬会法人は、前記出資契約に基づき中央競馬に馬主登録のあるクラブ法人に競走馬を現物出資します。クラブ法人は、競走馬を中央競馬などの競走に出走させ、当該競走馬が賞金等を獲得した場合には、これを愛馬会法人に配当し、愛馬会法人は当該賞金等を会員の方に分配します。以上が、「競走馬ファンド」の大まかなしくみです。なお、「匿名組合契約」は、商品ファンドの契約形態の一つとして日本の商法に規定されているものです。
  出資にあたってのご注意点
  会員の方が行った出資について、元本の保証はありません。
  上記出資に係わる権利(受益権)は、いっさい譲渡できませんのでご注意ください。
  学生、生徒、未成年者、禁治産者、準禁治産者、破産者及びいわゆる暴力団関係者は入会及び出資はできません。
  平成15年度より、新しい法律「本人確認法」が施行されました。はじめて愛馬会法人にご入会する際は、ご本人を確認できる書類(運転免許証、パスポート、各種健康保険証、年金手帳等のいずれか1点のコピー)が必要となります。
  詳細につきましては、各愛馬会法人の会員規約をよくお読みになってから出資のお申込みをしてください。
(C)2003 Racehorse Commodities Fund Conference All rights reserved.